木更津エステ館

コーテイング

エコダイヤキーパーとダイヤモンドキーパー。その違いは?

キーパーコーティングのメニューでエコダイヤキーパー(以降エコダイヤ)と普通のダイヤモンドキーパーを比べて迷われている方は多いのではないでしょうか?ダイヤモンドキーパーに比べて価格も高めになっているエコダイヤは何が違うのか?解説したいと思います。 まずは従来からあるダイヤモンドキーパーは約1ミクロンのガラス被膜(一般ガラス系コーテイングの被膜の50倍の厚み)を形成した状態にレジン被膜を重ねて2層のコーティングで強い撥水性と艶感を出します。ベースの厚いガラス被膜が塗装をダメージから保護して綺麗な状態を保たせ、トップコートのレジン被膜が水シミを付きにくくさせて汚れをはじきます。これでも十分な艶と洗車性の良さが際立って人気のあるメニューの一つです。
洗車

車に付く花粉のシミ?その汚れ対策

花粉は春や秋など特定の季節に空中に舞い、そのまま車の外装に付着することがあります。この花粉が放置されると、車の外観を損なうだけでなく、塗装にもダメージを与える可能性があります。そこで、以下に具体的な対策をいくつか紹介します。 2月上旬から4月中旬まで毎年花粉が多く飛散します。そこで重要なのが定期的な洗車です。花粉が付着すると、時間が経つと車の表面に固く付着し、汚れが取りにくくなります。定期的な洗車で花粉を除去し、塗装を保護しましょう。ただし、強い洗剤やブラシを使うと塗装を傷つける可能性があるため、塗装を傷めない洗車用品と柔らかいスポンジを使用することが重要です。 次に、コーティングが効果的です。コーティングを施工することで、花粉やその他の汚れから車の表面を保護し、洗車時に汚れを簡単に落とすことができます。特に、ガラス系コーティングは、長期間にわたって耐久性を提供します。
ケミカル用品

レジン2とはどんな商品?その効果は?

さて、ここからがレジン2を使ったレジン被膜の登場です!レジン被膜の表面は有機質の性質を持ち、水シミなどは無機質の性質と結びつきやすく、車が汚れます。その為レジンを施工する事で水シミからボディーを守り、軽度のシミなら少量レジン2を付けたキーパークロスで拭き上げると取れてしまいます。本来は無機質のガラス被膜と有機質のレジン被膜は結び付かないのですが、キーパーのダイヤケミカルとレジン2を結び付けるキーパーの技術がこの商品にはあります。ボディーの塗装を一切痛めることなく安全に施工できるのも嬉しい商品です。
コーテイング

選べるキーパーメニュー

キーパーコーティングには選べるメニューが沢山あります!手頃なクリスタルキーパーから圧倒的な艶のEXキーパーまで、幅広く揃えています。上位のコーティングはもちろん艶もいいし、汚れを寄せ付けない性能がありますが、クリスタルキーパーでも十分な防汚性能が発揮されます!一度お試し下さい。
ケミカル用品

コーティング車専用の洗車、ミネラルオフの効果は?

コーテイングしてある車が撥水しなくなる原因の一つにコーテイング表面にミネラル汚れが付着し撥水力を損ねてしまい、同時に艶感も落としてしまいます。ミネラルオフにはそのミネラル汚れを除去する成分が含まれており、コーティング本来の艶を取り戻します。ミネラルオフの施工手順は通常の洗車をした後、よくシャンプーを流し、濡れた状態で専用のスポンジにケミカルを付けて汚れの膜を落とすように擦っていきます。スポンジの代わりにマイクロファイバーを使うと更に効果的です!
コーテイング

樹脂フェンダーキーパーの効果が凄い!

樹脂フェンダーキーパーを施工するとシリコン樹脂が高分子と架橋構造となって非常に高い耐久性を発揮します。更に日焼け止めクリームなどに含まれる二酸化チタンを配合しており、紫外線をブロックする強力なフィルターの役割を果たします。この樹脂フェンダーキーパーのコーティング膜が紫外線を防ぎ表面をコーテイングすることで、もろい未塗装パーツを保護します。SUVに限らずセダンやコンパクトカーにも使われるようになってきましたね!
コーテイング

ホイールコーティングの効果は?

ボディーコーティングの他にも様々なコーテイングがあります。その中でホイールコーティングについて解説していきます。 今や主流となったアルミホイール。ホイールにもクリア塗装がされてボディーと一緒にコーテイングができるものが多いです。ホイ...
コーテイング

過剰なまでも艶をだすEXキーパーの凄さとは?

キーパーコーティングの最強コーティングEXキーパーはドイツSONAX社と共同開発を行い、圧倒的な艶とコーテイング膜の厚みを出し、塗装を保護してくれます。EXキーパーとはどんなコーテイングなのでしょうか?初期硬化には6時間。洗車ができるまでは1週間の硬化が必要です。じっくりと時間をかけて硬化が進んでいきます。ダイヤモンドキーパーと比較してEXキーパーは水はじきは超強力です!光沢と持続期間もEXキーパーが優秀ですが、それ以上に洗車のラクさはEXキーパーのほうが良いです。これはECOプラスダイヤモンドキーパーとEXキーパーの特徴である自浄効果が発揮されて塗装表面に汚れを定着させず汚れを寄せ付けません。撥水が弱ってきたらキーパーのミネラルオフでキレイが長持ちしますのでお試しください!
洗車

車に付く汚れと洗車の方法は?

車の汚れは様々な原因があり、それにあわせた対処が必要です。シャンプーにの種類やケミカルの特性と道具の組み合わせによって、洗車の効率、効果が変わります。また車両がコーティングしていることで洗車が劇的にラクになることあります。キーパーコーティングは洗車をラクにし美観を守ります。洗車好きにとってコーティングのメリットは大きいですね!ただし洗車は正しく行わないとシミや傷が増え、艶が無くなっていくこともあります。そんな時は無理せずプロに任せるのがオススメです。当店ではWEB予約受付中です!是非ご利用ください。
コーテイング

梅雨の時期の車の汚れと対策

梅雨時期の影響により、車はさまざまな汚れの原因にさらされる可能性について、以下に、車の汚れの主な原因をいくつか挙げます。雨水:梅雨時期は雨が頻繁に降るため、雨水が車のボディや窓に付着し、水滴や泥、埃を残すことがあります。特に降雨が多い地域では、雨水の成分に含まれる鉱物や汚染物質が付着し、水アカや汚れの蓄積が起こることがあります。梅雨の時期も大切なのはやっぱり洗車です。キーパーでオススメしたいのは雨で汚れが落ちるECOプラスダイヤモンドキーパー、フレッシュキーパーです!表面にの分子構造で汚れが定着しにくく、砂埃は雨で流れます。もちろん洗車が楽になるので、梅雨の晴れ間に簡単に洗車して、綺麗な車に乗りましょう!フレッシュキーパーの動画も公開中です。詳しくは動画をチェックしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました